プリントステッカー(形状カット)

プリントステッカー(形状カット)とは

プリントの後、カッティングマシンで様々な形にカット

プリントステッカー(形状カット)
図2;角Rつき
プリントステッカー(形状カット)
図1;単パーツ仕様

文字やイラストをプリントしてから、フィルムを様々な形にカットするステッカーになります。形は、円形や楕円、角が丸くなった四角形のような単純な図形のほか、印刷した文字やイラストの形にカットすることもできます。

右の図1や図2のように、文字やイラストが切り分けられずに1枚になっているのを「単パーツ仕様」としました。よく見かけるいわゆる「ステッカー」です。

印刷してから長方形に断裁しただけの「プリントステッカー(断裁)」もありますが、通常は角Rをとり(角を丸くする)ますので、こちらの「プリントステッカー(形状カット)」になります。

グラデーション入りのイラストや文字もスッキリ仕上げ

印刷した文字やイラストの形にカットすれば、グラデーション入りのロゴマーク等も、貼り付け面に直接書(描)いたようにスッキリした仕上がりにすることができます。

印刷後にフィルムを文字やイラストの形にカットしてから、周囲の不要なフィルムを取り除きます。フィルムが文字やイラストのパーツにきりわけられているので、「多パーツ仕様」としています。

貼り付けるフィルムがいくつかのパーツにわかれていて、そのままだと、パーツを1つずつ裏紙から剥がして貼り付けねばなりません(図1)。配置を変えずに貼ろうとするとすごく手間がかかります。その手間を省略するため、全体にアプリケーションシート(以下、APと略します)と呼ぶシートを全体にかけてあります(図2)。貼り付ける際は、APに文字やイラストを写し取って貼り付け(図3〜5)、貼り付けた後にAPを剥がすと(図6)、貼り付け面に直接書(描)いたようなスッキリした仕上がりになります(図7)。

図1;プリント後にカット
図2;APをかけた状態(製品としてはこの状態です)
図3;APに写し取ります
図4;貼り付けます
図5;貼り付け直後
図6;APを剥がします
図7;グラデーション入りもスッキリした仕上がり

写真の切り抜きもOK

商品の写真等を形状にそって切り抜くことも可能です。社用車に貼れば、商品を直接描いたような仕上がりになり、力強くアピールすることができます。

大判のインクジェットプリンターで印刷します

大判プリンター2
大判プリンター1

印刷は大判のインクジェットプリンターを用います。家庭用のものと基本は同じですが、大きさとインクが違います。プリンタの大きさは右の写真から想像いただけるかと思います。出力の最大幅は1300mm程度、長さは10m超も可能です。

通常はラミネートフィルムで保護します

使用するインクは、屋外耐候性・耐水性は有するものの、擦過性や耐薬品性はあまりありません。フィルムに印刷しただけですと、貼り付け時にこすれてインクが剥がれたり、貼ってから汚れを落とすのにアルコールを使ったりするとインクが溶け出したりします。通常は印刷してから透明のラミネートフィルムをかけて印刷面を保護します。

また、ラミネートフィルムにはUV(紫外線)カット材を配合している「UVカットラミ」もあります。「UVカットラミ」であれば紫外線をカットしますので、屋外耐候性がアップします。ラミなしだと目立った色あせが生じるまで3年程度ですが、UVカットラミをかければ5年程度に延びます。

数枚のステッカーをシート状に並べた「ステッカーシート」等もあります。

ステッカーシート
ステッカーシート

数枚のステッカーを切り離さずにシート状に並べた「ステッカーシート」とすることもできます。(但し、単パーツ仕様のみ)

また、プリント後にカッティングマシンにかけずに断裁しただけの「プリントステッカー(断裁)」もあります。

特徴・留意点

様々なステッカーを作れます。

プリントしてからフィルムをカットしますので、ご要望に応じて様々なステッカーを作成できます。

カッティングステッカーは基本的に単色となりますが、プリントステッカー(形状カット)は、多色やグラデーション、写真も可能で、形も色々な形にカットできます。

また、材料のフィルムも、一般的な塩ビの白フィルムのほか、透明や反射、メタリック等もあり、様々なステッカーを作成することができます。

裏紙は四角形のままです

様々な形にきるのはフィルムだけで、裏紙までカットしません。四角い裏紙の上にカットされたフィルムが乗っているという状態です。

価格は高め

上の図1のようにAPに写し取る必要がない「単パーツ仕様」でも、プリントしてからカットするという手間がありますので、印刷して断裁しただけの「プリントステッカー(断裁)」より高くなります。

上の図2のようにAPに写し取る必要がある「多パーツ仕様」は、カットに加えて文字やイラストの周りの不要なフィルムを取り除く手間やAPをかける手間がありますので、さらに高くなります。

プリンタの再現域内なら、色数は数万色以上

カッティングステッカーの場合、色数はフィルムメーカーの生産する色に限られますが、プリント系のステッカーならプリンタの色の再現域内にはなりますが、グラフィックスソフトで「CMYK」等の割合を自由に組み合わせて色の設定が可能です。C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック)の4つを5%刻みで組み合わせるとしても20×20×20×20=16万色になります。

(グラフィックスソフトは最低0.01%刻みで色の設定が可能ですが、2%以下の違いは目視では識別困難になってきます。)

鮮やかな色の再現域も拡大

色数は無限といえますが、数色のインクを混ぜて色をつくるため、濁ってしまいます。絵の具をまぜて色をつくるのと同じです。

鮮やかな色は苦手でしたが、弊社では、鮮やかなオレンジのインクを使用できるプリンターを使用しますので、色の再現域はかなり広がっています。パーソナルユーズのプリンターでは出せない鮮やかなオレンジも可能です。

DICやPantoneでの色指示にも対応

DICやPantone、その他、日塗工の見本帳やBUS車体色、マンセルブックも備えています。

鮮やかな色は苦手ですが、オレンジのインクを使えるプリンタを使用して、多くの色相で彩度は10〜12は出せます。10RP〜5R辺りの青よりの濃いピンク等、CMYの3色混合となる場合は彩度8〜10辺りになるようです。

こんな用途でお使いください。

ロゴマーク等

多色やグラデーション入りのロゴマークも、プリントステッカー(形状カット)の多パーツ仕様なら、スッキリとした仕上がりになります。

少々割高とはなりますが、ロゴマークは会社のイメージを伝えます。見た目もスッキリと仕上げてください。

ノベルティに

ロゴマーク等をノベルティとして配布してはいかがでしょう。ステッカーなら手軽に会社のイメージをお客様に広めていただけます。

ノベルティで配布する場合は、単パーツ仕様で貼りやすくしたほうがよいでしょう。

商品などの写真を切り抜きたい場合

商品等の写真をステッカーにされたい場合もプリントステッカー(形状カット)をご利用ください。商品等の形状にそって切り抜くことも可能です。社用車に貼れば商品を直接描いたような仕上がりになり見る人に力強く訴えます。

輪郭のはっきりした被写体は余白なしで切り抜くことができますが、動物で毛がフサフサしている等の場合は、輪郭がはっきりしませんので少し余白をつけて切り抜くことになります。

円形等や角を丸くする場合

角R付き
角R付き
ロゴマーク全体
ロゴマーク全体の形状

プリントステッカー(形状カット)なら、プリントしてからフィルムを円形や楕円など様々な形にカットできます。

多角形や、ロゴマーク全体の形状等にもカット可能です。

使用するフィルム

通常は白色の大判のフィルムに印刷します

プリント系のステッカーは通常、インクジェット用に製造されたベースフィルムに印刷して作成します。インクジェット用のベースフィルムはインクの付着性も考慮して製造されています。

カッティング用のフィルムでもインクが付着すればプリントステッカーに使用できます。背景が黄色のコーションラベルを作成する場合、白地のフィルムに背景の黄色も印刷するのではなく、黄色のカッティング用フィルムに文字等だけを印刷する等、裏技的に使っています。

汎用ベースフィルムで5種類

プリント系用の一般的なフィルムで次の5種類をご用意しています。詳しくは「材料と特性」や「汎用ベースフィルム」をご覧ください。

耐候性 接着力 易施工性 再剥離 曲面 備考
プレミアム 屋外約5〜6年 強粘着 3次
ハイグレード 屋外約5年 強粘着 2〜3次
スタンダード 屋外3〜5年 強粘着 2次
エコノミー 屋外約3年 強粘着 × × 2次
再剥離 屋外3〜5年 弱粘着 × 2次

最適なフィルムを選択

用途等をお聞かせいただければ最も適したフィルムにて作成いたします。特にご指示がなければスタンダードで作成いたします。

こんなフィルムもあります

汎用ベースフィルムほか、次のようなフィルムもあります。詳しくは「各種フィルム」をご覧ください。

フィルム以外の材料

ラミネートフィルム

プリントステッカーは通常、印刷面を保護するため、透明のラミネートフィルムを前面に貼り付けます。UVカット材入りのツヤありとツヤ消しを常備しております。UVカットなしももちろんご利用いただけます。

特にご指示がなければ「ツヤあり・UVカット材入り」を使用いたします。

インク

プリント系ステッカーの材料には、フィルム、ラミネートフィルムのほか、インクがあります。インクは、大きく、溶剤系と水性系にわかれます。水性系はどちらかというと室内のポスター等の用途で使われることが多く、ステッカーの主力の粘着塩ビフィルムはほとんどが溶剤系インク用につくられているため、弊社では溶剤系インクを使用しています。

こんなステッカーもあります

こんなフィルムもあります

こんな用途でお使いください